声の劇団イマージュ 公演活動のあゆみ

1994年 7月   声の劇団イマージュの前身 アールヴォカール 設立
1994年 7月  第1回公演 <教育問題を考える>    構成詩 小さな詩人たち
 アニメ吹き替え 「新ちゃんがないた
1995年 3月  第2回公演 <戦後に遺されたもの>  朗読劇 ひめゆりの歌
 ラジオドラマ ハッピーエンド
 朗読構成劇 生と死の遁走譜
1995年 8月  第1回プロデュース公演 
             <原爆/広島・長崎>
 合唱構成詩 ヒロシマ・レクイエム
 朗読構成劇 夾竹桃の詩
1996年 1月  特別公演(東京地域演劇祭参加)  朗読構成劇 生と死の遁走譜
1996年11月  第2回プロデュース公演 <戦争の傷痕>  舞台劇 千羽鶴の詩
 独り語り 水車小屋の思い出
 朗読構成舞台劇 青春散華
1996年12月   「アールヴォカール」組織改変 団体名を声の劇団イマージュ  に改称
1997年 3月  第3回公演 <東京大空襲>  スライド朗読劇 そしてトンキーも死んだ
 合唱朗読劇 「水と火と空と
1997年11月  第4回公演 <芥川文学をパロる>  寄せ鍋ドラマ 大江戸ハナ草紙
 舞台劇 珍説羅生門
1998年 3月  第1回お噺寄席 <動物民話特集>  朗読群読  日暮れの海のものがたり
 独り語り おこんじょうるり
 朗読舞台劇 夕 鶴
1998年10月  第5回公演 
      <加害者としての日本を考える>
 朗読構成詩 翼をもがれた天使たち
 合唱構成詩 紫金草物語
1999年 9月
 第6回公演
      <記憶〜魅せるラジオドラマ特集>         
 水川 裕雄 作 消えたあの日たち
 秋元 良介 作 夢を見られた男
 小乃 立都 作 この子はいらない
2000年 5月  第7回公演 <不平等を突く>  さだ まさし 作・音楽/セミ・ミュージカル RATS
2000年 9月  第8回公演(第1回本公演) <母親賛歌>  秋元 良介 構成/朗読構成劇 母の詩 愛の詩
2001年 6月  第9回公演 
       <日本の不条理演劇を探る>
 別役 実 作 天神さまのほそみち
 清水 邦夫 作『楽屋』より Back Stage
2001年12月  第10回公演(第2回本公演)
               <強制連行を考える>
 関原 暉 作『一つの命』より 生と死の遁走譜
 高木 豊平 作 セピアでなく〜花岡事件異聞
2002年 7月  !? 公演〜その1 <魅せるラジオドラマ>  伊佐治 弥生 作 みどりの公園
2002年 9月  !? 公演〜その2 <明日は我が身のホームドラマ>  砂本 量 作 レンタルファミリー
2002年11月  !? 公演〜その3 <恋がしたい>  森 瑤子ショートショートストーリー 男と女の間には…
 小乃 立都 作 彼と彼女たちの事情
2003年 1月  !? 公演〜その4 <山本周五郎特集>  小乃 立都 脚色 橋の下   秋元 良介 脚色 人情裏長屋
2003年 6月  ヤングステージvol.2<薬害エイズ問題を考える>  秋元 良介 脚本 Honesty〜誠実
2004年 5月  ミニシアターvol.1 <オリンピックによせて>  小乃 立都 作 あの青空を忘れない

2004年 9月

 第11回公演(第3回本公演) 
       <詩と歌と写真で綴る朗読構成劇>

 矢崎節夫「童謡詩人・金子みすゞの生涯」より
 秋元 良介 台本 「みんなちがって みんないい

2005年 6月  第3回プロデュース公演
    【戦後60周年メモリアルシリーズ第2弾!】
 秋元 良介 台本 どうして大人は?
2005年 8月  第12回公演 
    【戦後60周年メモリアルシリーズ第3弾!】
 秋元 良介 脚本 青桐よ ありがとう
 水川 裕雄 作 あさきゆめみし
2005年10月  第13回公演(第4回本公演) 
  【戦後60周年メモリアルシリーズファイナル!】
 S・ムロジェック 作/工藤 幸雄 翻訳/ 秋元 良介 脚色
          「国境線のある家
2005年12月  師走番外プロデュース公演〜第2回お噺寄席  山本周五郎 作 しぐれ傘(加藤精三・独り語り)
 落語『子別れ』より 秋元亭盃夢 脚色 江戸人情裏長屋
2006年10月  創立10周年記念プロデュース公演  大橋 喜一 作/ 秋元 良介 脚色
   ファンタジック声劇 「銀河鉄道の恋人たち in hirosima
2008年 8月  第14回公演〜魅せるラジオドラマ集  村下 陽蔵 作 夏と少女としゃぼん玉
 秋元 良介 作/ 小乃 立都 脚色 自由症候群2008
2009年11月  第15回公演  さだ まさし 作・音楽/ 秋元 良介 脚色/小乃 立都 改訂RATS (再演)
2010年 8月  第16回公演  村下 陽蔵 作 内定? ないって…
2011年11  創立15周年記念(第17回)公演  村下 陽蔵 作 小春日和に咲く花へ
2012年11  第18回公演  村下 陽蔵 作 まわりまわって あなたにあえて・・・
2013年 8月  Reading Theater  〜 一夜限りの朗読会 vol.1
2013年11  第19回公演  村下 陽蔵 作 さようならを一緒に
2014年 8  Reading Theater  〜 一夜限りの朗読会 vol.2
2014年11  第20回公演  別役 実 作 天神さまのほそみち
 清水 邦夫 作『楽屋』より Back Stage
2015年 8  Reading Theater  〜 一夜限りの朗読会 vol.3  宮沢賢治 作「やまなし」より水川裕雄  いつか見た白い雲 ほか
2015年11  第21回公演 【 戦後70年特別企画 】   戦後の記憶を辿る2つのエピソード
     水川  裕雄 作 あさきゆめみし 千羽鶴の詩(うた)」
2016年 8  Reading Theater  〜 一夜限りの朗読会 vol.4  太宰治作「お伽草紙」より 舌切り雀」「カチカチ山
2016年11  創立20周年記念(第22回)公演  村下 陽蔵 作 遠き春〜また来る季節(とき)に咲く花へ
2017年 8月  Reading Theater  〜 一夜限りの朗読会 vol.5  秋元良介 構成・小乃立都 改訂 母の詩 愛の詩
2017年11  第23回公演  村下 陽蔵 作 或いは泰山より重く  或いは鴻毛より軽し

◆付属研究所◆

1998年4月 第1期生修了公演 野良猫ラプソディー
1999年3月 第2期生修了公演 落ちこぼれ協奏曲〜TRY
2000年3月 第3期生修了公演 カモメの翔んだ日
2001年3月 第4期生修了公演 夢人たちの詩
2002年3月 第5期生修了公演 落ちこぼれ協奏曲〜TRY
2003年3月 ヤングステージvol.1&第6期生修了公演 翼をください
2004年3月 第7期生修了公演 愛が聞こえますか
2005年3月 【戦後60周年メモリアルシリーズ第1弾!】
          ヤングステージvol.3 & 第8期生修了公演 雲流れる果てに
2006年3月
 ヤングステージvol.4 & 第9期生修了公演 同窓会〜同じ窓から見ていた未来
2007年3月
 付属研究所10周年記念 & 第10期生修了公演 待ち人来たらぬ黄昏に
2008年3月 第11期生修了公演 嵐の夜をこえて
2009年3月 ヤングステージvol.5 & 第12期生修了公演 VON VOYAGE〜旅の途中で見る夢は
2010年3月 ヤングステージvol.6 & 第13期生修了公演 名もなき星は降りやまず
2011年3月 ヤングステージvol.7 & 第14期生修了公演 憾〜URAMI 【東日本大震災のため休止。未上演】
2012年3月 付属研究所15周年記念 & 第15期生修了公演 Love  Letter 〜わが身ひとつは もとの身にして
2013年3月 ヤングステージvol.8 & 第16期生修了公演 落ちこぼれ協奏曲〜TRY!
2014年3月 ヤングステージvol.9 & 第17期生修了公演 農協砂漠に日は暮れて
2015年3月 ヤングステージvol.10& 第18期生修了公演 MADE  BY  缶コーヒー
2016年3月 ヤングステージvol.11& 第19期生修了公演 憾〜URAMI 
2017年3月 付属研究所20周年記念 ヤングステージvol.12& 第20期生修了公演 青のマスカレード」